サポートとレジスタンスを探る指標

■基本となるピボット・ポイント[P]
前日の終値[C]・高値[H]・安値[L]の平均値のことです。
すなわち、

ピボット・ポイント[P] =
( 前日の終値[C] + 前日の高値[H] + 前日の安値[L] ) ÷ 3

■買いポイント[B1],[B2]、損切りポイント[LBOP]

買いポイント[B1] = ( 2 X ピボット・ポイント[P] ) – 前日の高値[H]
買いポイント[B2] = ピボット・ポイント[P] – 前日の高値[H] + 前日の安値[L]

そして、これら買いポイントからの損切りポイントとなる、
LBOP:Low Break Out Point (ローブレイクアウトポイント)の計算式は、

LBOP = ( 2 X ピボット・ポイント[P] ) – ( 2 X 前日の高値[H] ) + 前日の安値[L]

■売りポイント[S1],[S2]、損切りポイント[HBOP]

売りポイント[S1] = ( 2 X ピボット・ポイント[P] ) – 前日の安値[L]
売りポイント[S2] = ピボット・ポイント[P] + 前日の高値[H] – 前日の安値[L]

そして、これら売りポイントからの損切りポイントとなる、
HBOP:High Break Out Point (ハイブレイクアウトポイント)の計算式は、

HBOP = ( 2 X ピボット・ポイント[P] ) – ( 2 X 前日の安値[L] ) + 前日の高値[H]

以上のように算出されます。

各ポイントの基本的な使い方は…
S1~S2のレンジは売りゾーン
B1~B2のレンジは買いゾーン
HBOP以上になった場合、売り玉を手仕舞い(損切り)
LBOP以下になった場合、買い玉を手仕舞い(損切り)

価格が[B1]まで下がれば買い、さらに[B2]まで下がればまた買いますが、そのまま[LBOP]を割り込んでしまえば、その時点で損切りして手仕舞いします。
売りの場合も同様に、[S1]と[S2]で売って、[HBOP]で損切りして手仕舞いする。
利食いのポイントとしては、[B1]で買ったときには[S1]で売り、[B2]で買ったときには[S2]で売るなど、ルールを決めて行う。
…といった感じです。

前日の数値を入力すると自動で計算するサイトもありますけど、電卓たたいて計算してみるのをオススメします指でOK