重要なのは、「勝てるか」どうか

重要なのは、「勝てるか」どうかと言うことです。
レバレッジが400倍だと、何か為替で勝てる可能性が増すのでしょうか?
僕は、むしろレバが高いほうが負ける可能性が高いと思います。
負けるなら、レバが10倍でも400倍でも同じですしね。

例えば
ドル円の為替を25枚ポジションすると考えると、1円変動すると25万円儲かります。
しかし、1円悪い方に動くと25万損をします。
200倍の場合は同じ資金で200枚の為替をポジションして、200万勝てますが、200万損をします。

しかしレバレッジというのは、高いと強制決済が近いと言うことです。
25倍で仕込んだ人は、1円の変動で25万負けれるのですから、1円弱の逆方向に向かっても
決済はされずに持ちこたえます。
ところが200倍だと、25万円分の逆行は、0.125円です。
普通は0.08くらいのスプレッド(売り買い差額)が掛かりますから
0.045円負けたら破産しますね。
0.045円をチャートで見ればワカリマスが、軽く数秒間で一瞬の逆行でアウト

為替を仕込むには、アル程度の逆行も計算して余裕を持ちますが、その余裕がない
損切りは必要なことですが、レバレッジと自己資金の関係で、少ない強制決済幅で
勝負したって勝てないんですよ。

逆に自分は0.5円逆行したら損切りをするという基準でやるなら、0.5円が強制決済に
なるような倍率で取引をすればいいと思います。
ただし、1回の失敗で破産しますけどw
つまり、レバレッジは為替取引の場合で、耐えられる逆行(負け方向の)余裕に関係しますので
高ければ良いと言うモノじゃない。

では、勝てるという前提で書きますと、25倍だから1枚しか取引できない
としても、負けないのですから利益が毎日増していきます。
1ヶ月で10万勝ち、2ヶ月で20万勝っていけば、自己資金が増えて、2枚買える、3枚買える
と枚数が増えますから、レバレッジなんて25倍でも自己資金が300万、400万に増えれば
20枚だって50枚だって取引できます。

競馬の大穴馬券に似ていますが、勝てるなら大きなレバは武器になりますが
損切り幅が狭いと、勝ちにくい側面もあります。
為替は5勝3敗とか、10万勝って8万負けての繰り返しです
あまり余裕のないレバは命取りになりますから、ハイレバが有利と考えていません

実際の取引だと、僕の場合は2-5倍くらいのレバレッジ限度しか使わないですし
通貨によっては、マイナス2-3円まで耐えたりする事もあります。
契約会社が500倍だろうと、1000倍だろうと、自分の資金と実力から考えて
2-10倍くらいが限度かと考えています。
あくまでも幅を大きく獲るという半紙でなく、1回に大きな枚数を仕込むと
損出も莫大になるからという計算から、枚数を少なくしています。

広告