[ギリシャ]厳密に言えばデフォルトにならない?

ギリシャの債務問題は私個人の考えとして、厳密に言えばデフォルトにはならないと思っています。
欧州(ユーロ圏)各国、特にドイツとフランスが大量の他国国債を保有しており、ギリシャの国債を始め、スペインやイタリアの国債も保有しています。
そうした事で欧州の株式市場も軟調なのでしょうけど、本当に債務不履行に陥れば、ダメージが深刻なのはフランスやドイツです。

この2カ国がユーロの柱ですから、ギリシャがデフォルトなんて事になれば、通貨としてのユーロも経済圏としてのユーロも崩壊する可能性すらあります。
その対応策とすれば、ユーロ経済圏とIMFが共同でなんらかの融資を行い、デフォルトは回避させ、ユーロ加盟国から排除し、通貨としてのユーロを安定させる方向に動くと考えています。

あとはIMF主導で財政再建ですね。
ギリシャはそれなりに観光などで収入も得られるので、公務員の大幅削減を含む公務員給与の圧縮など、基本的な国家のリストラを行えば、立ち直る可能性は高い国です。

ギリシャの国債は年利30%近い高金利のジャンク債と化していますが、一方でユーロ債の金利は暴騰していない事でも、ユーロ全体としてはまだ安定していると捉えられていると思っています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中