DCFについて

DCFといっても色々種類があります。
それによって用いられる「割引率」も変わります。
一番一般的なのは、「WACCで割り引く」というものです。
で、後はファイナンスの基本的な教科書を見て理解してほしいのですが、
WACCは、エクイティの割引率とDebtの割引率の加重平均です。
DebtだろうがEquityだろうが、あるCFを生むアセットに投資家が求める期待リターンはDebtの節税効果を無視すれば、同じはずです。
(もちろん、実際にはdebtの割合が増えればそれだけEquityが毀損するリスクは高まるので、D/Eの構成により、Debt,Equityそれぞれに求められるリターンは変わりますが、アセットそのものに期待される税引き前のリターンは同じはずです。)

そうすると、DebtとEquityの期待リターンをD/E比率に応じて加重平均すれば、「投資家全体が求める期待リターン」が算出できます。これがWACCです。

支払利息の実額をFCFから控除してEquityだけに帰属するCFの現在価値を算出するのではなく、分母である割引率に、Debtのコストを含めて考えるやり方をしているので、支払利息を差し引かないわけです。

ですから、用途によっては、Equityのみに帰属するCFを算出して、Equityのコストだけで割り引くこともありえますよ。Equity投資家だけの立場から、Debtを増やしてどれだけリターンを高められるか、シミュレーションするときなどには使います。

あるいはAPV法と言って、仮定上100%Equityで調達したと想定して、Equityのコストで割り引いて、後から、Debt調達による節税効果のみをDebtのコストで現在価値に割り引いて、それを足し戻して企業価値を求めることもあります。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中