サポートとレジスタンスを探る指標

■基本となるピボット・ポイント[P]
前日の終値[C]・高値[H]・安値[L]の平均値のことです。
すなわち、

ピボット・ポイント[P] =
( 前日の終値[C] + 前日の高値[H] + 前日の安値[L] ) ÷ 3

■買いポイント[B1],[B2]、損切りポイント[LBOP]

買いポイント[B1] = ( 2 X ピボット・ポイント[P] ) – 前日の高値[H]
買いポイント[B2] = ピボット・ポイント[P] – 前日の高値[H] + 前日の安値[L]

そして、これら買いポイントからの損切りポイントとなる、
LBOP:Low Break Out Point (ローブレイクアウトポイント)の計算式は、

LBOP = ( 2 X ピボット・ポイント[P] ) – ( 2 X 前日の高値[H] ) + 前日の安値[L]

■売りポイント[S1],[S2]、損切りポイント[HBOP]

売りポイント[S1] = ( 2 X ピボット・ポイント[P] ) – 前日の安値[L]
売りポイント[S2] = ピボット・ポイント[P] + 前日の高値[H] – 前日の安値[L]

そして、これら売りポイントからの損切りポイントとなる、
HBOP:High Break Out Point (ハイブレイクアウトポイント)の計算式は、

HBOP = ( 2 X ピボット・ポイント[P] ) – ( 2 X 前日の安値[L] ) + 前日の高値[H]

以上のように算出されます。

各ポイントの基本的な使い方は…
S1~S2のレンジは売りゾーン
B1~B2のレンジは買いゾーン
HBOP以上になった場合、売り玉を手仕舞い(損切り)
LBOP以下になった場合、買い玉を手仕舞い(損切り)

価格が[B1]まで下がれば買い、さらに[B2]まで下がればまた買いますが、そのまま[LBOP]を割り込んでしまえば、その時点で損切りして手仕舞いします。
売りの場合も同様に、[S1]と[S2]で売って、[HBOP]で損切りして手仕舞いする。
利食いのポイントとしては、[B1]で買ったときには[S1]で売り、[B2]で買ったときには[S2]で売るなど、ルールを決めて行う。
…といった感じです。

前日の数値を入力すると自動で計算するサイトもありますけど、電卓たたいて計算してみるのをオススメします指でOK

広告

そんなことあり?

強制ロスカットの方式は、会社の方針によって違うと思います
追証を使う猶予タイプとか、速攻LCとかですね。

レバ規制は別として、現在までのLC基準は理解されて言いますか?
もし理解してるなら、変更点は無いはずです。

例えばドル円の証拠金16000円が32000円になるだけです。
つまり、現在20枚のポジションがあったら、32万円の証拠金を必要として
残りの余剰金が損益の余裕に当てられるのですが、8/1からは
そのまま64万円の証拠金に変更され、残りが余剰金になります。

もし50万の口座で運用していたら、32万+18万で維持されていたのですが
8/1は64万に14万足りないので、有無を言わさずLCということになります。
ただ、口座の不足金を待って入金を求める場合と、即座にLCする場合が
あると思います。
LCに関しても、古いポジションから必要分とか規約があるようなので
ご確認を。

こういってはアレですが、潤沢な資金に小さなポジションで楽しめば
全く気にする話ではないです。
ただ、強制LCの綱渡りをするようなポジや損金を保つようなら
契約会社の方式を徹底的に勉強しておくことを薦めます。
情勢が不安定で乱高下する場合は、一瞬のチャートの乱れでLCをされ
せっかくのポジションが飛んでしまいますよ。

[ギリシャ]厳密に言えばデフォルトにならない?

ギリシャの債務問題は私個人の考えとして、厳密に言えばデフォルトにはならないと思っています。
欧州(ユーロ圏)各国、特にドイツとフランスが大量の他国国債を保有しており、ギリシャの国債を始め、スペインやイタリアの国債も保有しています。
そうした事で欧州の株式市場も軟調なのでしょうけど、本当に債務不履行に陥れば、ダメージが深刻なのはフランスやドイツです。

この2カ国がユーロの柱ですから、ギリシャがデフォルトなんて事になれば、通貨としてのユーロも経済圏としてのユーロも崩壊する可能性すらあります。
その対応策とすれば、ユーロ経済圏とIMFが共同でなんらかの融資を行い、デフォルトは回避させ、ユーロ加盟国から排除し、通貨としてのユーロを安定させる方向に動くと考えています。

あとはIMF主導で財政再建ですね。
ギリシャはそれなりに観光などで収入も得られるので、公務員の大幅削減を含む公務員給与の圧縮など、基本的な国家のリストラを行えば、立ち直る可能性は高い国です。

ギリシャの国債は年利30%近い高金利のジャンク債と化していますが、一方でユーロ債の金利は暴騰していない事でも、ユーロ全体としてはまだ安定していると捉えられていると思っています。

重要なのは、「勝てるか」どうか

重要なのは、「勝てるか」どうかと言うことです。
レバレッジが400倍だと、何か為替で勝てる可能性が増すのでしょうか?
僕は、むしろレバが高いほうが負ける可能性が高いと思います。
負けるなら、レバが10倍でも400倍でも同じですしね。

例えば
ドル円の為替を25枚ポジションすると考えると、1円変動すると25万円儲かります。
しかし、1円悪い方に動くと25万損をします。
200倍の場合は同じ資金で200枚の為替をポジションして、200万勝てますが、200万損をします。

しかしレバレッジというのは、高いと強制決済が近いと言うことです。
25倍で仕込んだ人は、1円の変動で25万負けれるのですから、1円弱の逆方向に向かっても
決済はされずに持ちこたえます。
ところが200倍だと、25万円分の逆行は、0.125円です。
普通は0.08くらいのスプレッド(売り買い差額)が掛かりますから
0.045円負けたら破産しますね。
0.045円をチャートで見ればワカリマスが、軽く数秒間で一瞬の逆行でアウト

為替を仕込むには、アル程度の逆行も計算して余裕を持ちますが、その余裕がない
損切りは必要なことですが、レバレッジと自己資金の関係で、少ない強制決済幅で
勝負したって勝てないんですよ。

逆に自分は0.5円逆行したら損切りをするという基準でやるなら、0.5円が強制決済に
なるような倍率で取引をすればいいと思います。
ただし、1回の失敗で破産しますけどw
つまり、レバレッジは為替取引の場合で、耐えられる逆行(負け方向の)余裕に関係しますので
高ければ良いと言うモノじゃない。

では、勝てるという前提で書きますと、25倍だから1枚しか取引できない
としても、負けないのですから利益が毎日増していきます。
1ヶ月で10万勝ち、2ヶ月で20万勝っていけば、自己資金が増えて、2枚買える、3枚買える
と枚数が増えますから、レバレッジなんて25倍でも自己資金が300万、400万に増えれば
20枚だって50枚だって取引できます。

競馬の大穴馬券に似ていますが、勝てるなら大きなレバは武器になりますが
損切り幅が狭いと、勝ちにくい側面もあります。
為替は5勝3敗とか、10万勝って8万負けての繰り返しです
あまり余裕のないレバは命取りになりますから、ハイレバが有利と考えていません

実際の取引だと、僕の場合は2-5倍くらいのレバレッジ限度しか使わないですし
通貨によっては、マイナス2-3円まで耐えたりする事もあります。
契約会社が500倍だろうと、1000倍だろうと、自分の資金と実力から考えて
2-10倍くらいが限度かと考えています。
あくまでも幅を大きく獲るという半紙でなく、1回に大きな枚数を仕込むと
損出も莫大になるからという計算から、枚数を少なくしています。

DCFについて

DCFといっても色々種類があります。
それによって用いられる「割引率」も変わります。
一番一般的なのは、「WACCで割り引く」というものです。
で、後はファイナンスの基本的な教科書を見て理解してほしいのですが、
WACCは、エクイティの割引率とDebtの割引率の加重平均です。
DebtだろうがEquityだろうが、あるCFを生むアセットに投資家が求める期待リターンはDebtの節税効果を無視すれば、同じはずです。
(もちろん、実際にはdebtの割合が増えればそれだけEquityが毀損するリスクは高まるので、D/Eの構成により、Debt,Equityそれぞれに求められるリターンは変わりますが、アセットそのものに期待される税引き前のリターンは同じはずです。)

そうすると、DebtとEquityの期待リターンをD/E比率に応じて加重平均すれば、「投資家全体が求める期待リターン」が算出できます。これがWACCです。

支払利息の実額をFCFから控除してEquityだけに帰属するCFの現在価値を算出するのではなく、分母である割引率に、Debtのコストを含めて考えるやり方をしているので、支払利息を差し引かないわけです。

ですから、用途によっては、Equityのみに帰属するCFを算出して、Equityのコストだけで割り引くこともありえますよ。Equity投資家だけの立場から、Debtを増やしてどれだけリターンを高められるか、シミュレーションするときなどには使います。

あるいはAPV法と言って、仮定上100%Equityで調達したと想定して、Equityのコストで割り引いて、後から、Debt調達による節税効果のみをDebtのコストで現在価値に割り引いて、それを足し戻して企業価値を求めることもあります。

人気スタッフ松川の経歴

川は四国の田舎出身なのですが、何を思ったか高校卒業後、歩いて日本中を旅することにしたのです。

ヒッチハイクすらNGという、非常に厳しいルールの元に。

実際に、日本中を歩いて回ったという事で、非常にタフな男であることも確かてす。
最近もよく休みの度に関東近郊の温泉街へ歩いて行っているとのこと。
※帰り道はグリーン車だそうです
(笑)

現在松川は、インターネット業界の動向をチェックしており、ソーシャルメディアマーケティングの有識者として様々な企業より重宝されています